色合いの変更
色合いの変更

雪の色 神秘の冬景色

雪は、何色ですか?

「雪はもちろん、白!」

多くの人がそう答えると思います。それでも間違いではないんですね。
でも実は、ここ美瑛では、雪の色はただの「白」ではありませんよ。

皆さんも美瑛のカラフルな雪の世界で冬の旅をしませんか?
 

雪はどうして白いの?

始めに、この質問について考えましょう!

氷の結晶は透明な色をしていますが、肉眼でみた雪は透明ではなく白です。
なぜ氷の結晶は透明なのに、雪は白く見えるのでしょうか?不思議だと思いませんか?

真っ白な雪に包まれた美瑛の丘

太陽などの光は様々な波長を持っているので、人間はその波長を「色」で認識します。
太陽からのすべての色の可視光(一般的に人間の目で見える太陽の光線のこと)が反射されたとき、ものの色は「白」に見えるそうです。

透明なものに光を当てても、光が全て通り過ぎてしまうため透明に見えます。

雪の結晶もひとつひとつは透明なのですが、雪は細かな結晶がたくさん集まってできているため、光を曲げて反射します。
反射された光がまた別の結晶に反射され、雪の中で光があちこちに乱反射している状態となるため雪は白く見えるのです。


色々と難しく説明をしましたが、かき氷で例えるととても分かりやすいかもしれませんね!

氷の時は透明なのに、かき氷にすると白く見えます。
それは細かな氷の隙間に空気を含んでいるので、そこで光を反射しているから白く見えるんです。

この真っ白な景色は、光のいたずらだったんですね!

しかし、ここ美瑛では、雪はいつでも白く見えるわけではないんです!

「じゃあ、美瑛の雪って、何色?」
 

ピンクの山

様々な天候条件が重なると、日の入りの時には美しい現象がみられることがあります。

「大雪山連峰がピンク色?!」

標高の高い山の頂だけを、夕日が照らしてピンク色に染めていることがあります。
雪山がよりいっそう美しく輝いてみえますね。
この現象は英語で「ALPENGLOW」(アルペングロー)と言われています。

雪は真っ白から、幻想的なオレンジやピンクに彩られます!

太陽の光というのは、それぞれ波長をもっているので、その長さが空の色と関係しているんです。
目に見える光の中でも、赤色の波長が一番長く、青や紫色の波長が一番短くなっています。

太陽が沈む夕暮れ時は、太陽が地平線の方に遠ざかっているので、
波長が長い赤い光が一番遠くまで届くため、綺麗なピンクや赤の夕焼けとして見えるんです。
その光が反射して、真っ白な雪が優しいピンク色として目に映ります。

ピンク色に染まる雪原。自然が魅せるわずかな時間しか見られない絶景。
 

虹色の結晶

想像してみてください。

冷え切った早朝、真冬の美瑛。外の気温はマイナス20℃。
玄関から外に出てみると、息を吸うのが痛いほどの寒さ。

寒い寒いと、言いながらふと見上げてみると、
空気中をキラキラと虹色の光が浮いていることに気付きます…。

大自然が生み出す宝石の輝き (写真 ©平澤勇斗、許可を得て使用しています)

これが、美瑛の一番寒い朝だけに見られる現象、ダイヤモンドダストです!

マイナス10℃~15℃以下の非常に寒い日は、空気中の水蒸気が凍ります。(これを「昇華(しょうか)」と言います)
その氷の結晶に太陽の光が当たって、キラキラと輝く現象が「ダイヤモンドダスト」です。
この神秘的な光景は条件がそろった時にしか見ることが出来ません。

・マイナス10℃~15℃以下の厳しい寒さ
・よく晴れていること
・風があまりないこと(風があると結晶が出来にくいそうです)
・ある程度の湿度があること

またダイヤモンドダストは空気が綺麗な地域だけで現れます。
ダイヤモンドダストがよく現れる美瑛町の空気はとても綺麗だと言えますね!

まれに「サンピラー(太陽柱)」という現象も美瑛に現れます。

サンピラーは太陽が空気中のダイヤモンドダストに反射して、柱上に輝いて見える自然現象のことです。
この気象条件が揃うことはなかなかなく、非常に珍しいんですよ!

誰もが一度は見てみたい!憧れの光景…新栄の丘展望公園とサンピラー!(写真 ©平澤勇斗、許可を得て使用しています)
 
冬になると、写真家たちが皆撮りたいと狙う、人気の自然現象です。

写真撮影が好きな皆さんも、プロの写真家さんのツアーに参加して、
美しいサンピラーやダイヤモンドダストの貴重な瞬間を狙ってみませんか?

美瑛フォトツアー
Photo office Aotearoa
代表 平澤 勇斗

住所
美瑛町旭町2-2-8-104
TEL
080-2005-8967
ご案内
ダイヤモンドダストやサンピラーは自然現象ですので、ツアー当日の天候などにより、現れない場合がございます。あらかじめご了承、ご理解の程よろしくお願いいたします。

美瑛ブルー

さて、ここからは、「雪」ではなく、雪とのコントラストでより美しく見える観光スポットについてご紹介いたします!

美瑛町を流れる美瑛川は、その青い色から「ブルーリバー」とも呼ばれています。
この真っ青な色は、諸説ありますが、白金温泉付近で合流する支流や「白ひげの滝」に含まれる温泉成分をはじめ、
アルミニウムなどを含んだ水と美瑛川の水によって生み出されています。

ブルーリバーが、青い池の青さの秘密ですよ!

★【青の絶景を巡る】青い池&白ひげの滝

夏のブルーリバー

川の周りの木々の緑により、夏のブルーリバーの青さは少し薄いように感じます。
しかし、雪が積もる季節には、ブルーリバーの美しさははっきりと見てとれます。

冬の魔法で、ブルーリバーの美しさ倍増!

この素敵なブルーはもちろん年中見られますが、真っ白な雪化粧した冬だからこそ、これほどまでに青さが際立っています。

丘のまちびえいDMOの体験プログラムには、ブルーリバーをより間近で見ることが出来るスノーシューツアーもございます!
不思議なブルーリバードリンクのおまけ付き~♪

そこはまるで北欧の世界♪
白金の森でスノーシュー体験

催行期間
12月中旬~4月中旬
( ※積雪の状況で変更になる場合があります。)
所要時間
約2時間
料金
<2名様以上で催行の場合>
大人(中学生以上):4,500円
子供(小学生以下):3,500円
(※1名様で催行の場合は大人7,000円)

カラフルなキャンバス

皆さんはもう、美瑛の人気No.1観光スポットの青い池はご存知かと思いますが、冬の青い池はどうなっているのか見たことありますか?

いつでも青い水面が見えるとお思いの方も多いのですが、冬には凍ってしまい雪が積もると、そこはもう「青い」池ではないんですね…

「せっかく「青い」池を見に来たのに…」

しかし、この真っ白な池は、夜、美しいキャンバスに変身します!

ライトで照らされ、美しい青い池が再現されています。

暗闇の中、真っ白なキャンバスは万華鏡のように、様々なパターンや色で照らし出されます。

これが青い池?!これまでとは全く違う雰囲気ですね!

このイベントは毎年行っている青い池ライトアップです。
真っ白な雪に覆われた青い池を、魔法的なカラーで彩ります!

皆さんもぜひ、見に来てくださいね♪
今年のライトアップの点灯時間はこちらでチェック!

青だけではなく、情熱的な赤も登場?!

他の季節のように、雪景色の美瑛もカラーがいっぱい!
カラフルな冬の美瑛で、皆さんをお待ちしています!