色合いの変更
色合いの変更

ハルコとアキコ?

「小麦畑と流れる雲」

 

7月を代表する美瑛の風景と言ったら何でしょう?

 

「ラベンダー!」

 

そ・・そうですよね。

いや、まあ、もちろんラベンダーもいいです。ハイ。

 

でも、パッチワークの丘を彩る風景と言ったら“小麦”です。

 

小麦は、美瑛で最も作付面積の広い作物です。

つまり、一番多く植えられている小麦は、パッチワークの丘を彩る中心選手なのです。

 

小麦は、6月までは青々とした姿ですが、7月に入ると徐々に黄色く色づき始めます。

小麦が色づくと、他のジャガイモやビートなどの緑色との対比が鮮明になり、

色とりどりのパッチワークが広がっていきます。

 

抜けるような青空、爽やかにそよぐ風、流れる雲。

そして、風を受けて大海原のように揺れる小麦畑・・・・

 

時間を忘れ、忙しい日常を忘れ、

しばし無になってこの光景を眺めてみるのはいかがでしょうか?

 

★小麦畑の変遷の様子を動画で

「ビエイティフル」イメージ動画
https://bieitiful.jp/bieicho/

                                                               6月の青々とした小麦畑

 

                                                           7月に入ると黄色く色づきます

「夕陽に輝く黄金の麦畑」

小麦には、品種によってヒゲが長いタイプと短いタイプがあります。

ヒゲが長いタイプの小麦畑を見つけたら、是非見ていただきたいのが夕暮れ時です。

 

長いヒゲの部分が夕陽に照らされ、キラキラと黄金色に光るように見えます。

その光景はまるで、黄金色の大草原が一面に広がっているようです。

 

それを見るたびにいつも思い出すのが、あの有名な

『風の谷のナ○シカ』に出てくる「金色の野に~」のシーンです。

 

あんまりいい写真がなくて大変申し訳ないのですが、肉眼で見るともっとキレイです。

是非ご自身の目で、実際に光り輝く“金色の野”を見に来てください!

                                        ヒゲの長いタイプは風に揺れやすいので、麦畑が波打つ姿も見られるかも!

 

「ハルコとアキコ?」

農作物は春に種を蒔いて、秋に収穫するものが多いですよね?

でも、ここ北海道の小麦栽培は、秋に種を蒔く「秋蒔き小麦」が主流です。

 

全国の生産量の7割を占める北海道の小麦ですが、そのうち9割は「秋撒き小麦」です。

秋小麦の代表的な品種は、「きたほなみ」「ゆめちから」「キタノカオリ」など。

 

最も作付けの多い「きたほなみ」は、秋小麦の86%、道内全体の75%を占め、主にうどん・クッキーなどに使われる中力粉になります。

 

最近人気の「ゆめちから」は、従来の国産小麦ではなかったグルテンを豊富に含み、

もっちりした食感のパンなどに使われる超強力粉です。

ヒゲが長く、穂がやや赤味がかって見えるのも特徴的です。

 

もちろん、春に種を蒔く品種もあります。

春撒きの中で最も作付けが多い「春よ恋」も強力粉で、パンブームの中で最近注目度が上がっているようです。

 

地元では、春に種を蒔く春小麦のことを「春小(はるこ)」、

秋に種を蒔く秋小麦を「秋小(あきこ)」と呼んで区別しています。

 

皆さんも麦畑を見ながら、「これはアキコだねえ~」なんて会話をすると、

なんか通っぽくキメることができるかもしれませんね(笑)

左の青い麦が春小麦、右の黄色い麦が秋小麦です。

秋小麦の方が先に成長するので、先に色が変わります。

 

★美瑛産の小麦を堪能できる体験プランも実施しています!↓
『私を小麦畑に連れてって! ~美瑛の丘で麦刈り体験&美瑛産小麦のパンを味わう~』