色合いの変更
色合いの変更

麦稈(ばっかん)ロール 

「夏になると出現するコロコロの正体は?」

広大な畑にコロコロと転がる無数のロール。

北海道のイメージでよく目にするこの光景ですが、いつぐらいに見られるものだと思いますか?

 

実は、7月の終わりから8月にかけてよく見られる光景なんです。

その謎には、小麦栽培のサイクルが大きく関わっています。

 

このコロコロは、「麦稈(ばっかん)ロール」と呼ばれます。

麦稈とは、麦わらのことです。

 

つまり、麦わらを丸めたロールということですね。

麦わらを丸めて作るということは、小麦を収穫した後にできるということになります。

 

小麦の収穫は大きなコンバインで行いますが、ガーッと小麦を刈り取ったら、穂先だけを集めて、残りの麦わらは畑の上に戻されます。

収穫が終わると、今度はまた別のロールを作る専用の機械がやってきて、

残された麦わらを取り込んでいってロールを作り、畑に転がしていきます。

 

別ページでハルコとアキコのお話をしていますが、

その秋蒔き小麦の収穫時期が7月の最終週ぐらい、

そして春蒔き小麦の収穫が8月上旬ぐらいになります。

 

つまり、その収穫直後ぐらいから、この麦稈ロールが生まれていきます。

なので、8月ぐらいがコロコロの見頃ということになるわけです。

 

この麦稈ロールは、その後牧場に運ばれて牛さんのベッドになります。

逆に畑作農家さんは、牛ふんから作られた堆肥を土の栄養として畑に入れますので、

お互いに助け合う「畑作⇔酪農」の循環システムができあがっているわけです。

 

青空の下に転がる麦稈ロールのある風景は、夏真っ盛りの時期です。

是非覚えておいて来てくださいね!

 

★麦稈ロールが生まれる様子もおもしろいですよ!
YouTube 動画

 

~お願い~
麦稈ロールの見学や撮影は決して畑に入らず、舗装された道路上からお願いします。

時折、ロールに近づいて触ったり、ロールの上に登ったりしている方々がいますが、

ロールは約300kgの重量があり、もし倒れた場合は大ケガをする恐れがあります。

またそれ以前に、収穫後の畑も農家さんの私有地であり、そもそも立入厳禁です。

「畑には絶対に入らない!」というマナーを守り、楽しく旅行や撮影をして下さい。

美しい美瑛の丘を守り、後世に残していくために、是非ご協力をお願いいたします。